医師向けクリニックのアルバイト情報

ある程度の小規模医院を指すことが多い「クリニック」。
現在、クリニック医師の高齢化が進んでおり、体力的な問題などからアルバイトを募集するケースが増えています。

 

なお、クリニックでの仕事は、外来患者の診療が一般的。
入院施設はごく小規模か、無い場合が多いです。

 

治療に関しても、最先端・大がかりではないケースが多いため、比較的QOLも確保しやすいでしょう。
今回はそんな「クリニックのアルバイト」に関する詳細情報を紹介致します。

 

>>当直の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら

 

仕事内容と時給相場

 

仕事内容

内科、外科、精神科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科、小児科、産婦人科、人工透析、在宅医療…。
クリニックの診察科目は多岐に渡っています。

 

場合によっては、いくつかの科目を兼ねているケースも少なくありません。
そのため、ご自身の専門科目があるクリニックで、アルバイトすることになります。

 

クリニックは小規模医院なので、院長の方針や考え方が反映されているケースが多いです。
そのため、設置機器、治療方針、院内体制などあらゆる面で、クリニックごとにかなり多様性があります。

 

例えば、在宅医療をおこなうクリニックでは「オンコール待機」の夜勤バイト求人があることも。
このような多様性によって、仕事の大変さやアルバイト医師にかかる負担も、クリニックごとで全く異なるケースも珍しくありません。

 

クリニックでのアルバイトは、入院施設のある一般の病院で働くよりも、QOLは確保しやすいと考えられます。
しかし、場合によって  は、かなり激務なクリニックもあるようです。

 

求人選びでは、ぜひ注意したい点と言えます。

 

時給相場

多様性のあるクリニックでは、時給もバラバラです。
したがって、平均値を出すことは難しいと言えます。

 

ただし、医師のアルバイトを日給で見たとき「外来」「在宅医療」などは、トップに入る高額給与です。
クリニックはこれらの診療をおこなうケースが多いため、高額収入も期待できるでしょう。

 

もちろん「求人をよく比較検討して選べば」という話です。

 

なお、高額給与の狙い目として、美容皮膚科、美容外科、美容整形外科など「自由診療」のクリニックも1度はチェックすると良いでしょう。

 

日勤のみのバイトはあるのか

定期非常勤・スポット共に、半分以上が日勤のみです。
夜間勤務は避けたいという方でも、それに適った求人が豊富に見つかりますよ。

 

業務内容についてはやはり、外来、健診、人間ドックが多いようです。

 

定期非常勤とスポットどちらが多いか

定期非常勤のほうが多くなっています。スポットと比較すると、1.8倍?2倍程度です。

 

クリニックは地域コミュニティに根ざしていることが多いため、毎回違う先生を雇うよりは、定期的に来てくれる先生のほうが安心。
定期的に通院される患者さんのことを考えた場合は、特にそうです。

 

したがって、決まった曜日や時間を、定期的に担当してくれる医師のほうに需要があると考えられます。

 

まとめ

クリニックの求人選びは、比較的難しいかもしれません。
クリニックごとにカラーがあり、給与や待遇も多様性に富むからです。

 

そしてクリニックには、良くも悪くも、院長、病院スタッフ、患者さんも含めたコミュニティが形成されています。
その方々の人柄なども、働きやすさやQOLに大きな影響を与えているのです。

 

しかし逆に言えば、一般病院には無いようなアットホームさや居心地の良さが実現する可能性もございます。
給与やQOLも含めて、心から満足できるアルバイト先が見つかることもあるのです。

 

また、これから開業を目指す方も、1度はクリニックのアルバイトを経験しておくと良いでしょう。
現場のリアルな雰囲気を知り、あるいは院長のお話を聞くことで得るものは多いです。

 

「開業」に対する固定概念や不明点がクリアになるため、今後のビジョンに生かすことができます。

 

さて「医師専門の求人サイト&エージェント」を利用すれば、たくさんのクリニック求人を見つけることが可能です。

 

無料の会員登録をするだけで、会員限定の「非公開求人」に掲載された魅力的な求人も閲覧できますよ。
また「医師専門の求人サイト&エージェント」がクリニックとの仲立ちになることで、待遇面・給与面での交渉などもスムーズになります。

 

トラブルが起きたときの解決も容易です。

 

魅力的で好条件なクリニック求人に出会うなら…。
無料で登録&利用できる「医師専門の求人サイト&エージェント」の活用を検討してみましょう。

 

>>当直の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら