外科での医師バイトとは?

外科医に憧れる医学部の学生は、圧倒的に男性に多いことで知られます。イメージは執刀の名医、ですが実態は非常に体力勝負であり、精神力と集中力のタフさがなければ務まりません。

 

バイトでの外科医は意外にも多く、医学会の重鎮でも病院の垣根を越えて執刀を行うことがよくあります。ですから、バイトとはいってもスポットであったり、非常勤であったりとかなり多くのものがある、といってよいでしょう。

 

日本の外科医はアメリカに比べて「給与が安い」といわれており、年功序列で給与が決められる病院ではバイトが当たり前、という現状があります。外科医でありながら執刀症例が少ない病院では、あまり力が発揮できないことが多いのです。

 

そのためには、オペ数を稼ぐためのバイトが欠かせません。また、外科医であっても内科的な臨床もしたい医師には、外来のバイトも必要になります。つまり、外科医にはそれだけスキルアップの可能性が高く、収益を増やす素地がある、ということなのです。

 

バイトとはいっても病院選びはじっくり考えて行いましょう。一時の副収入稼ぎとはいっても、外科医のスキルを落とさぬ様に、優れたエージェントの情報を頼りにして、求人を探すのが早道です。

 

>>外科の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら