医師向け小児科のアルバイト情報

小児科アルバイトは、高時給の宝庫です。
もちろん、給与ほか待遇はピンキリなので、求人の比較検討が極めて重要となります。

 

小児科医には「子供の健康を守る」というミッションに忠実な、志の高い先生が多い印象。
できれば、そのような志をしっかり報酬に反映させたいですね。

 

お金が全てではありませんが、適切な見返りは、医療活動におけるモチベーションとなるからです。
今回はそんな「小児科のアルバイト」に関する詳細情報を紹介致します。

 

>>小児科の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら

 

仕事内容と時給相場

 

仕事内容

世界でも有数の長寿国である日本。
特に女性の平均寿命の高さは、世界でもトップクラスです。

 

このような状況を反映してか、晩婚化の傾向も進み、同時に高齢出産を希望される女性も多くいらっしゃいます。
高齢出産は、母胎のみならず、お子さんの健康にも様々なリスクを及ぼします。

 

よって、新生児にまつわる周産期医療ニーズも増加傾向なのです。
実際に、小児科医師が「NICU」「GCU」での対応をおこなうケースも増えて参りました。

 

例えば、日当直での病棟管理アルバイトには、このような母子へのケア・対応が含まれるケースもあります。

 

ただし、小児科医師のアルバイトで多いのは、やはり外来診療。
インフルエンザやはしか、風邪など時期には患者数が激増することがあるため、求人数が増加します。

 

他には、乳児検診や、各種予防接種などもポピュラーなアルバイト業務内容です。

 

時給相場

時給換算で、10,000円〜13,000円となっています。
半日勤務よりも、日勤での終日勤務のほうが、若干時給が高くなる傾向があるようです。

 

小児科医師は、全国で不足傾向にあります。
そのため、より長い時間勤務してくれる医師に対しては、給与面での若干の優遇が期待できるというわけです。

 

このような事情によって、きちんと探せば高時給のアルバイトは必ず見つかります。
その際、医局ではなく、豊富な求人数を揃える「医師専門の求人サイト」を利用されたほうがより良い条件の求人が見つけやすいでしょう。

 

日勤のみのバイトはあるのか

ございます。

 

タイミングにもよりますが、定期非常勤で150前後。
スポットで100前後の求人となっています。

 

先ほども申しましたように、インフルエンザやはしか、風邪、予防接種の時期には求人数も増加します。

 

定期非常勤とスポットどちらが多いか

定期非常勤の求人のほうが若干多くなっています。
なお、定期非常勤とスポットを合わせても500?600程度の求人しかないことも珍しくありません。

 

これら求人の中で、高時給もしくは好待遇のものは、競争率が大変高くなります。

 

まとめ

小児科医師数は少ないため、ニーズは豊富。
そのため、よく探せば高額な時給の求人もございます。

 

問題は、比較可能な求人を豊富に閲覧すること。医局頼りでは、なかなか叶わないケースも多いでしょう。

 

特に高時給もしくは好待遇の求人は、通常の探し方ではあまり見つかりません。
その理由としてはまず、競争率が高く、募集がすぐに終了すること。
そして、大手の「医師専門の求人サイト」が「非公開求人」として押さえているケースが多いからです。

 

「医師専門の求人サイト」は会員限定で「非公開求人」を公開しています。
こちらには、魅力的で好条件な求人が揃うので、「医師専門の求人サイト」の会員は圧倒的に有利なのです。

 

なお、「医師専門の求人サイト」は無料で会員登録できます。
今の時代、「医師専門の求人サイト」を利用せずに良質な案件を見つけるには多大な苦労が伴います。

 

逆に言えば、「医師専門の求人サイト」にさえ登録してしまえば、最も効率的に優良な求人が探せるということです。

 

「医師専門の求人サイト」なら、時給はもちろん、詳しい業務内容・条件を比較できます。
信頼感のある「医師専門の求人サイト」ならば会員登録をしても損はありません。

 

>>小児科の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら