高額案件が見つかる!医師スポットバイト/定期非常勤求人・募集比較ランキング

「家庭医療」は、あまり聞き慣れない分野かもしれません。
しかし現在、その存在感を増しています。

 

老若男女問わず、患者さんの心身の不調を診る「かかりつけ医」として、ニーズが高まっているのです。

 

ただ、残念なことに肝心のアルバイト数は豊富ではありません。
そこで「良質な医師求人サイト」を利用し、良質な求人を見つけましょう。

 

今回はそんな「家庭医療専門医のアルバイト」に関する詳細情報を紹介致します。

 

>>家庭医の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら

 

仕事内容と時給相場

 

仕事内容

家庭医療専門医のイメージを一言で表現するならば、患者さんにとってより身近な「総合かかりつけ医」ということができます。

 

家庭医療の専門医は、日本プライマリ・ケア連合学会(合併前の旧・日本家庭医療学会)によって2009年に実施されたばかり。

 

日本家庭医療学会は1986年に設立されておりますが、「家庭医療」の知名度は現在もかなり低いと言えるでしょう。
事実、2013年8月の段階で、家庭医療専門医は385人しかおりません。

 

そんな家庭医療専門医は、アジア諸国や欧米で需要が高く、各国民のほぼ全てが家庭医療専門医を持っていると言われています。

 

専門性よりも総合的な診断を行っており、扱う症状や病気は、比較的軽いものです。
そして、必要があれば「適切な専門医」を紹介することも重要な役目です。

 

昨今、日本では高齢化が大きな問題となっています。

 

それに伴い日々の健康に不安を高める高齢患者も多いと考えられます。
このような不安のため、病院をいくつも周り、頻繁に受診先を変えるドクターショッピングをする高齢者も多いようです。

 

家庭医療専門医は、このような不安を抱える高齢患者へ寄り添う存在としてもにわかにクローズアップされています。
高齢患者にとっての、信頼できるパートナーとなることで、心身の不調へ寄り添うことも大切な仕事といえるでしょう。

 

時給相場

家庭医療専門医の時給相場は、正確なデータが不足している状態です。

 

なぜならば、家庭医療分野の求人そのものがあまり多くないためです。
ただし、家庭医療専門医が行う仕事内容から、時給相場を推察することは出来ます。

 

例えば、患者さんの自宅へ往診する場合、仕事内容は「在宅医療のアルバイト」となりますが、これは、かなり高給であるケースが考えられます。

 

経験者の場合には、日給が10万円を超えることもあるようで、高額なアルバイトの1つと言われています。

 

また、家庭医療専門医の業務内容には「検診」が含まれるケースもあるようです。

 

実は、検診も医師のアルバイトの中では高給な部類に入ります。
こちらは、平均日給75,000円前後が相場と考えられます。

 

健康診断のアルバイトは、定期的な需要が毎年あるため、求人も見つけやすいことでしょう。

 

家庭医のアルバイトは、求人先の要望によって変わります。
そのため業務内容については、事前にチェックしてください。

 

また、業務内容に見合った給与となるように、求人の詳細もよくチェックしましょう。

 

なお、医局を利用した場合、このような高額給与の求人が、回ってこないことも多いようです。

 

日勤のみのバイトはあるのか

ございますが、家庭医療専門医としての求人数はかなり少ないのが現状です。

 

調べるタイミングによっても求人数は前後しますが、大きな医師向け求人サイトで調べても日勤のみの求人数が20を切っていることも珍しくありません。

 

一方、家庭医療専門医と仕事内容が近い「在宅診療」で検索しますと、日勤のみのアルバイト数も増加します。
それでも充分な求人数とは言えず、150求人前後のケースも多いですが、家庭医療専門医の求人よりも選択肢は広いでしょう。

 

家庭医療専門医の求人をお探しになる際には「在宅診療」でも調べた方が良いかもしれません。
ただし、イメージと違う仕事内容にならないよう、求人情報は細かくチェックしておくことが必要になります。

 

定期非常勤とスポットどちらが多いか

家庭医療専門医で検索しますと、定期非常勤もスポット求人もほぼ同数。

 

しかし、両方の求人数を足しても100求人に届かない少なさです。

 

一方、「在宅診療」で検索しますと、より多くの候補を見つけることができます。
在宅診療の場合は定期非常勤のほうが多く、700?800前後の求人が見つかります。

 

対して、スポットアルバイトは200件前後と考えられます。

 

なお、好待遇求人を見つけたい方は「医師専門の求人サイト」の会員登録で閲覧可能となる「非公開求人」もチェックしたほうが良いでしょう。

 

いずれにしても、自力で良質な求人を見つけるのはかなり難しい分野と言えます。

 

まとめ

家庭医アルバイトの求人数は少ないのが現状。家庭医療の専門医資格を持っていても、アルバイトの求人数が豊富になるとは言えません。
それは「家庭医療」という言葉そのものが、国内であまり浸透していないためと考えられます。

 

そこで、アルバイト求人を検索する際には「在宅医療」「在宅診療」などのワードをお使いください。

 

求人を見つけるのは大変ですが、家庭医療分野のアルバイトは、地域医療に関わる良いきっかけとなります。

 

こちらのお仕事は、機械的にこなすのではなく、どうしても患者さんの目線に立つ必要が出てきます。
家庭医のアルバイトを通じて得た「患者さんとのコミュニケーションスキル」は、今後の医師活動においても大きな財産になるのではないでしょうか。

 

なお、家庭医のアルバイトを先方が「在宅医療(在宅診療)と同じものだ」と捉えていた場合には、高額な時給も期待できます。

 

ただし、同じ業務内容をおこなっても、もらえる金額に差があるケースは珍しくありません。
せっかく働くのですから、満足のいく報酬を手にしたいと思うのは当然のこと。

 

より良い求人は、よく比較検討して見つけるようにしてください。
「医師専門の求人サイト」は、求人の比較検討には大変便利なサービスです。

 

求人の選択肢を増やすためにも、複数の「医師専門の求人サイト」を利用しましょう。

 

「医師専門の求人サイト」を利用すれば、業務内容で「ミスマッチ」が起きづらくなります。

 

こちらが考える「家庭医療の業務内容」と、求人先が考える「家庭医療の業務内容」が異なる危険性は、かなり高いと考えられます。
家庭医はもともと業務範囲が広いため、ミスマッチの危険性も高いのですね。

 

「医師専門の求人サイト」ならば、先生の希望に沿う形で、イメージ通りの求人を手配してくれます。

 

好条件で魅力的な家庭医療のアルバイトを探すなら、ぜひ「医師専門の求人サイト」へ会員登録してください。

 

長く付き合える「医師専門の求人サイト」を見つければ、家庭医として定期的にアルバイト求人を得ることができます。