医師向け精神科のアルバイト情報【時給相場・勤務形態】

「失われた20年」とも言われる日本の現状。
労働環境の変化、不安定な経済状況などの中で、うつ病患者も増加。

 

現在、日本人の25%がうつ病との指摘もあるようです。
また、高齢化による精神科医ニーズも高まっています。

 

今回はそんな「精神科のアルバイト」に関する詳細情報を紹介致します。

 

>>精神科の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら

 

仕事内容と時給相場

 

仕事内容

患者さんの心のケアをおこないます。

 

仕事内容については、常勤医師とほぼ変わりません。
対象となる患者さんは、老若男女問わず様々。

 

学生では、増加する不登校生徒を扱うケースもあるほか、社会人ではやはり、うつ病患者のケアを担当することも多いよう。
さらに高齢者の場合には、終末期医療における心のケアにおいて、精神科医へのニーズがあります。

 

比較的レアケースの求人としては、薬物中毒などの依存症患者のケアに関係したものもあるようです。

 

なお、専門医や精神保健指定医などの有資格者は、採用の選考においても優遇されます。
次にご紹介する時給相場よりも高額な給与も期待できるでしょう。

 

アルバイトを積極的におこなう医師、あるいはフリーランスを目指す医師は、資格取得も念頭においておくと良さそうです。

 

時給相場

日給で10万円、半日勤務でも5万円前後が期待できます。
例えば、日給で10時間働くと、時給1万円程度になりますね。

 

医師バイトにおける一般的なラインが「時給1万円」と言われていますので、それを下回るような求人ならば、1度考え直したほうが良いでしょう。

 

精神科アルバイトは、時給換算したときに、大きく差が出る可能性も高いので、きちんとチェックしてください。
特に有資格者の場合には、きちんとアドバンテージを生かして、高時給の求人を積極的に求めましょう。

 

日勤のみのバイトはあるのか

ございます。

 

定期非常勤の求人が非常に多く、スポットで日勤のみのアルバイトは100求人を切るケースも珍しくありません。
医局で見つけようとした場合には、全く見つからないことも想定されますので、「医師専門の求人サイト」を利用されると良いでしょう。

 

定期非常勤とスポットどちらが多いか

定期非常勤のほうが多いです。

 

求人数はスポットの2.8倍程度で、トータルでは1,000求人ほどございます。
最近では、研究のためにあえてスポット案件狙いの精神科医もいらっしゃるよう。

 

しかし、スポット求人は少ないので、やはり「医師専門の求人サイト」で見つけたほうが効率的です。

 

まとめ

精神科医は現在、非常勤が大変に増えています。
そこで、良質な求人が出た場合には、意外に競争率が高くなる可能性も知っておきましょう。

 

また、職場環境については、2つの目安があります。

 

1つめは、臨床現場で、こちらはかつての「閉鎖病棟」のようなイメージはなく、オープンで明るい環境となっています。
2つめが終末期医療におけるケアの現場で、こちらのニーズも増加しています。

 

いずれも、ご自分の専門性、あるいは将来へのビジョンなどと照らして、選択してください。

 

また、職場環境は、個々の医療施設によっても大きく異なります。
QOLを重視したい方は、そのチェックが特に重要です。

 

近年では、QOLを重視し、プライベートを重視する医師も増えています。
「医師は大変な仕事」「プライベートを犠牲にする必要がある」という固定観念をなくし、ご自分にとって最良の職場環境を確保されてはいかがでしょうか。

 

さて「医師専門の求人サイト」は、精神科アルバイトにおける良質な求人を見つける上でも大活躍。
特に、簡単な会員登録をするとチェックできる「非公開求人」なら、魅力的な好条件求人を探せます。

 

無料で利用できるので、気軽に利用されると良いでしょう。

 

>>精神科の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら