医師向け読影のアルバイト情報

主治医からの依頼によって、患者さんの検査画像を診断する。それが「読影」です。
画像の細やかな観察によって、異常の発見や問題点の気づきに貢献します。

 

主治医の判断や治療プランに大きな影響を与えるため、責任は重大です。
しかしQOLは確保しやすく、労働にきちんと見合った給与も期待できるでしょう。

 

一方、求人数自体の少なさは気になる点です。
今回はそんな「読影のアルバイト」に関する詳細情報を紹介致します。

 

>>読影の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら

 

仕事内容と時給相場

 

仕事内容

 

読影とは、レントゲン、CT、MRI、RI、超音波検査、マンモグラフィーなどの「画像診断&判定」のこと。
画像の丁寧な観察・分析をもとに所見を伝え、今後の適切な治療法・治療方針に対するアドバイスをおこないます。

 

なお、働き方の形態として「時間拘束勤務」と「出勤日や時間が自由の勤務」の2つがあります。
アルバイトで読影を担当する場合には「時間拘束勤務」が一般的なようです。

 

読影の枚数にかかわらず、時間によって定められた給与が与えられます。
出勤日、時間が自由な勤務では、ご自宅での遠隔読影が可能なケースもあります。

 

時給相場

時給勤務の場合は、1時間当たり「8,000円から1万円程度」が相場となっているようです。
読影枚数の多少に関わらず、時給が一定額である点には注意してください。

 

また、特定の時間を「コマ数」で区切る求人もあります。
この場合の給与は、一コマあたり「1万円から3万円程度」と大きな差が出るケースもあるようです。

 

なお、読影の枚数で給与が支払われる場合、1枚あたりの読影料は「500円前後から1,000円前後」が相場と考えられます。
「画像診断専門の読影センター」などの求人では、1枚あたりの読影料が高額になる傾向が見られます。

 

このように、読影アルバイトの給与は、様々な要因で異なってきます。
具体的には、勤務スタイルをはじめ、医療施設が置かれた地域、医療施設の種類などで給与が変わってきます。

 

こちらは求人選びの大きなポイントとして、よく意識する必要があるでしょう。

 

日勤のみのバイトはあるのか

ございます。
しかし時期によっては、定期・スポットを合わせても「100求人」に満たないケースも多いです。

 

実は、読影のアルバイト求人は大変少ないのが現状。
これは「日勤のみ」に限定しなくても同じことです。

 

そのため、好条件の求人が出た場合には、競争率が非常に高くなります。

 

定期非常勤とスポットどちらが多いか

定期非常勤のほうが多いです。
スポット求人に関しては、大手医師求人サイトでも「20前後」しかないケースも。

 

大変レアな求人となっています。
ただ、定期非常勤のほうが多いとは言っても、やはり「100前後」という求人数の少なさです。

 

まとめ

読影は割の良いアルバイトと言えます。ある程度の経験やノウハウがあれば、採用もされやすくなります。
特に放射線科などの専門医資格を取得している方などは有利です。

 

同時に、仕事の性質上激務にはなりづらく、QOLも確保できるでしょう。
例えば、ブランクをお持ちの医師、子育てと仕事を両立した女医さんなどにも、適しているかと思います。

 

また、常勤医師が土日や勤務帰りの空き時間におこなうバイトとしても働きやすいでしょう。
中には、「読影に特化したフリーランス」のような働き方を、実際におこなっている医師もいるようです。

 

ただし、求人の絶対数が少ない点には注意が必要。
そもそも、放射線科の求人数自体があまり高くありません。

 

「読影」は、さらにニッチな求人となるため「医師専門の求人サイト」の活用がおすすめです。

 

「医師専門の求人サイト」を利用すると、詳しい業務内容・条件・職場環境などが事前に分かります。
それだけでなく、時給(給与)をエージェントが交渉してくれる場合もあるため、より有利な条件で働くことも目指せるのです。

 

極めつけは「医師専門の求人サイト」に用意された「非公開求人」。
会員登録者のみ閲覧可能な「良質な求人」が目白押しとなっています。

 

中には、医局や知り合いのコネで探すよりも、はるかに好条件の案件が見つかるケースも。
同じ業務内容なのに、給与が倍近く違う…。

 

これは大変に損ですから、ぜひとも「非公開求人」はチェックしておきましょう。

 

「医師専門の求人サイト」は、先生がたに素敵な出会いとチャンスを提供します。
上手に活用して、ぜひとも「優良求人」を見つけてください。

 

>>読影の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら