医師向け麻酔科のアルバイト情報

麻酔科のバイトにおすすめなサイト

 

医師向け麻酔科のアルバイト情報【時給相場・勤務形態】

転職サイト市場の盛り上がりによって、フリーランス医師の増加も予測される昨今。
その代表的な存在となっているのが麻酔科医です。

 

麻酔科は、他の科目とは違った独立性と専門性を持ちます。
このような特徴によって、アルバイトにおいても高額の収入を得ることが期待できます。

 

今回はそんな「麻酔科医師のアルバイト」に関する詳細情報を紹介致します。

 

>>麻酔科の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら

 

仕事内容と時給相場

 

仕事内容

手術における麻酔担当としての需要が多いようです。
手術中の患者さんのバイタルサイン、意識レベルなどを確認し、執刀医が手術に集中できる環境をつくります。

 

手術における中心人物は、一般に執刀医と考えられています。
しかし、その決断・判断の材料は麻酔科医に与えているのです。

 

麻酔科医は手術における「船頭やガイド」のような存在と言っても過言ではありません。

 

このような重要ポジションであるため、業務内容がオーバーワークになっている求人もあります。
その意味では給与だけでなく、具体的な仕事範囲もきちんと確認すべきです。

 

時給相場

科目で見た場合、麻酔科医の時給はかなり高めです。

 

医師バイト全体で見たとき、その平均は時給1万円前後となります。
しかし、麻酔科のアルバイトの場合は、時給1万5000円から2万円程度の求人も比較的簡単に見つかります。

 

日給に直せば10万円から15万円、月の半分働くだけでも月給150万円から200万円が目指せます。

 

これは机上の空論ではなく、実際に実現している麻酔科医も少なくありません。

 

麻酔科医は、他科に比べて数も少なく「希少性」という価値を持っています。
少なくとも、先生の価値を安売りするような事態だけは避けましょう。

 

>>麻酔科の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら

 

日勤のみのバイトはあるのか

夜勤や当直などよりも、日勤バイトの方が多少多くなっています。
QOLを保ちたい方は、日勤バイトを選ばれるとよいでしょう。

 

特定の手術だけなどを担当する場合は、それが終了次第報酬を受け取ることができます。
時間拘束の場合は、手術がない場合も医局で待機しますが、実労働時間としては少なくなります。

 

求人として出ている以上、手術件数の少ない病院というのを選びにくいですが、あまりにも忙しすぎるような求人先は避けた方が良いかと思います。
ここの判断に関しては情報量がものを言うので、転職サイトを利用された方が良いでしょう。

 

夜勤の場合はオンコール等を担当します。
オンコール対応込みで高めの報酬を設定している場合ほか、基本給+オンコール対応1件ごとにつき、決まった金額を払ってくれる場合もあります。

 

定期非常勤とスポットどちらが多いか

麻酔科のアルバイトは、定期非常勤とスポットでほぼ同数となっています。

 

スポット求人の場合は「特定の手術を担当する場合」と「常勤麻酔科医の穴埋めとして単発で働く場合」の2通りが考えられるでしょう。
特定の手術を担当する場合には、高度な麻酔知識やテクニック、ノウハウが要求されるケースも。

 

専門医資格が必須な場合もありますが、時給もはやり高額な傾向があります。
こちらは「医師専門の求人サイト」を利用すると見つけやすいでしょう。

 

まとめ

比較的高い時給である麻酔科医のアルバイト。
しかし同じ時給でも、業務の大変さなどによってQOLが大きく変わってきます。

 

そのため上辺だけの時給に惑わされず、職場環境や業務内容の情報をしっかりと入れて求人先を選んで欲しいと思います。
そんな時に役立つのが、豊富な求人数を取り揃える「医師専門の求人サイト」

 

特に、会員限定の「非公開求人」は、高額案件を期待する麻酔科医の皆さんにぜひチェックして頂きたいポイントです。

 

良質求人のヒット率を上げるためには、いくつかの「医師専門の求人サイト」の会員になっておくこともベターな方法かと思います。

 

>>麻酔科の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら