医師バイトの相場とは?

研修医がバイトをする理由は2つ。生活費を稼ぐことと、医師の適性を磨くこと、これが多くの医師の考え方です。バイトをしなければ貧窮するほど、正職に就く前の医師は苦行が続きます。そして、医師の適性とは「激務に耐えられる体力と知力を鍛える」こと。つまり、医師はそうした苦難の末に勝ち取る職業といえるのです。

 

だからこそ、医師はバイトでもしっかりした報酬を受け取りたい、と考えるものです。ですが、意外にも個々の相場を気にしない医師が結構いるのも事実です。医局人事に気兼ねしてしまう癖が付くのもわかりますが、要は医師が健康な精神状態でいるためにも、しっかりした相場の報酬を得る必要があります。

 

まず、時給1万円を目安にその下か、上かで判断するのがわかりやすいといえるでしょう。もし、検診や臨床で忙しいならば「1万円でも安い」となるでしょうし、「透析の場合はそれほど忙しくない」と感じたならば「1万円なら割がいい」と思えるでしょう。

 

ちなみに金額が1万円前後、というのは医療法人は「診療報酬以外に収入源がない」ため、病院側の『メンツ』もあって横並びになりやすいのが実情です。そこで、割と「忙しくない」検診(巡回、施設)、透析、治験などが挙げられます。治験は治験専門会社の薬剤師や看護師と協同で行う業務ですが、通常3度行うため、手間がかかります。また、治験対象者も健康体から、症例者へと段階を経ます。ただ、一般市販した後の治験もあり、これは割と楽なアルバイトといえるでしょう。

 

>>先生のわがままを叶えてくれるバイト先を紹介してくれるエージェントを見てみる