眼科での医師バイトとは?

女医の多い診療科目のひとつ、眼科は比較的「忙しくない」科目と考えられがちです。ですが、女性医師が多いということは、逆にいえば結婚退職や育児休職というケースが他の科よりも頻発することがわかるでしょう。

 

バイトは比較的コマ数の少ないものから、週2日程度まで幅広く、外来中心となっています。特に総合病院内の眼科は、大学病院医局からの派遣で占められていることが多いのですが、それでもスポット求人がある裏には、勤務時間を制限している女性医師が多いことが背景でしょう。

 

眼科は数少ない派閥の「ない」診療科目。そのため、場所を関係なくバイト医師が働ける環境が揃っています。特に、最近は地方の大病院での眼科医が不足しているため、大都市と地方都市に複数病院を持つ医療法人では、積極的に地方への非常勤異動を行っています。

 

こういった環境から、眼科医としてバイトをこなすには「フットワークの軽さ」が求められます。また、眼科専門病院は都心では非常に優秀な医師、設備、そして技師を抱えており、バイトでの経験からこうした病院に就職する可能性もあります。

 

今後眼科は外科的眼科医が幅広く求められるでしょう。そのためには、設備のしっかりした病院を紹介してもらうのがよいでしょう。

 

>>眼科の高額バイトを探す際に登録したほうが良いエージェント情報はこちら